- Menu -

中学生の頃、夢中になった紡木たく『瞬きもせず』本当に良かったなぁ。

Home >> Blog >> 趣味

Tag: ,

紡木たく『瞬きもせず』少女漫画

私が紡木たくさんの漫画を知ったのは、小学校の頃、仲良しだった友達が教えてくれたからだ。

初めて読んだのは『ホットロード』

友達が教えてくれたのは『ホットロード』だった。
全巻買い、読んだ。
当時まだ小学生だったので、少々お姉さんの話だったが、少女漫画っぽくない大人びた白っぽさが目立つ絵で、印象に残る。

『瞬きもせず』に出会う

その後、『瞬きもせず』が単行本で発売されたのを知り、こちらも買って読んだ。

よく紡木たくさんの作品では『ホットロード』の方が取り上げられているように思うが、私は『瞬きもせず』の方が感銘を受けた。

多分、『ホットロード』は私の生活と世界が違っていたからだと思う。
だから、『ホットロード』よりも『瞬きもせず』の方が親近感があったのだろう。

山口県に住む高校生の純愛。

私は中学生になり、『瞬きもせず』の続編が別冊マーガレットで連載されることを知る。
もちろん、買い続けた。

別冊マーガレットは、月刊なので次が待ち遠しくて仕方なかった。

『瞬きもせず』は何度も読み返していたから、セリフまで覚えてしまい、後に単行本を買って読んだ時、セリフが変わっているのがわかったぐらいだ。
その時、初めて、単行本になるときは連載のものに修正が入ることがあるのだと知った。

当時中学生でこの連載を読んでいたのだが、もう何度も泣かされた。
かよこの気持ちが痛いように伝わる。
別に私は当時そんな恋愛をしていたわけではない。
それなのに、痛い悲しい切ない、そういう気持ちが表情やセリフから溢れ出てるのだ。

また、一般的な少女漫画と違い、恋愛のみに焦点を合わせず、家族、友達との関わりも深く繊細に描かれているし、紺野くんのサッカーへの情熱、進路での迷いなども描かれている。

登場人物も身近にひとりはいるような感じが良い。
私はかよこの兄、次男が結構気に入っていた。
おちゃらけたり、問題を起こすこともあるけど、かよこにとても優しく、奥の深いことを言っていることもあり、かなり印象に残る人物だ。

最終回を迎え

『瞬きもせず』が最終回を迎えた時、本当に淋しかった。
もちろん、ハッピーエンドなんだけど、もっともっと読んでいたかったと思った。

私はその後も、大人になってからも『瞬きもせず』の続編が連載される夢を見るほどだった。

それぐらい素晴らしい少女漫画なのだ。
私はそれほど漫画を読む方じゃないのだが、この漫画だけは全巻当時買ったものを、紙は焼けて色あせているけれど、ずっと持ち続けている。