- Menu -

赤ちゃん幼児の虫歯・歯磨き・夜間授乳の影響。虫歯は親のせいなのよね。

Home >> Blog >> 生活

Tag: ,,

赤ちゃん幼児の虫歯・歯磨き・夜間授乳の影響。虫歯は親のせいなのよね。

私は娘が虫歯にならないようそれなりに努力したのだが、2歳半頃に歯科検診に行って虫歯を発見されてしまった。

赤ちゃんや幼児の虫歯は、親の責任である。
反省すべき点がある。

歯の情報について

私は歯の情報については早めに気にしていた方だと思う。

口移しや同じ箸やスプーンで食べ物を食べさせない。
虫歯のある人の唾液には虫歯菌(ミュータンス菌)があるから極力移さないようにするためだ。

小さい頃の乳歯に虫歯ができると、永久歯にも歯並びで影響が出ることもあるらしい。
乳歯はどうせはえかわるのだから、まぁいいや!と楽観視してはいけない。

お菓子とジュースの組み合わせは最悪だ。
ジュースは前歯が虫歯になりやすく、お菓子は奥歯になりやすい。
飴やアイスは特によくない。

おやつの時間を決めておくこと。

フッ素のスプレーを歯みがきの時につける。

などなど。

そして、夜間授乳について、肯定派と否定派がいることも知る。

Back to Contents Menu

虫歯について参考になる本

娘が虫歯になった頃、読んだことのある本がある。
これも参考になるところがある。
初期虫歯ができても頑張れば止めることができるというのは励みになる。

Back to Contents Menu

シーラントという方法

虫歯ができる前に、あらかじめ奥歯の溝を樹脂で埋めて予防するシーラントという方法もある。
私は娘が虫歯になった後で知った。
奥歯の溝の凸凹を埋めることで平らな感じになるので、虫歯になりにくいらしい。
やったことがないので、実際のところよく知らない。
とにかく虫歯になる前にしないといけないようだ。

Back to Contents Menu

夜間授乳で虫歯になるのか

1歳を過ぎると、歯がはえ揃ってくるので、夜間授乳はやめた方がいいと言われる。

しかし、私は、歯を磨いて綺麗にした後は夜間授乳をしても虫歯になるとは言えないという意見を肯定していた。

もうひとつ。
現在の授乳についてはむかしの育児と違い、本人が望むまでやればいいとも言われている。

私は、娘がもういいと言うまで授乳していた。
2歳半ぐらいまで続いた。

それまで、娘の定期検診や口腔センターのイベントなどで、歯科検診も見てもらっていた。
いつも、虫歯ゼロだった。

それなのに、2歳半過ぎに歯科医院に念のため見てもらったら、奥歯に虫歯ができていたのだ。
私が思うに、地域や先生にもよるだろうが、定期検診やイベントなどで無料で行われる歯科検診は鵜呑みにしない方がいい。
きちんと、歯科医院に行って見てもらうべきだ。

娘の虫歯は左下の奥歯2つだった。
すぐに治療するほどのものではなく小さかったが、虫歯はできてしまった。

Back to Contents Menu

虫歯の位置から授乳は関係していたかも

私が夜間授乳する時、添い乳だった。
いつも私が左に寝て、娘が右に寝ていた。
これは、左側がベッドの端になり、私がいないと落ちる可能性がある方だからだった。
もう一方は壁にベッドをくっつけていた。

私が娘に添い乳すると、右のおっぱいを出し、娘は顔を左側を下にして飲む事になる。
つまり、左下に乳がたまりやすい状態になり、虫歯の位置と一致する。

そう考えた時に、やっぱり夜間授乳は虫歯の原因になるかもしれないなとようやく認めた。
それと、授乳はすぐやめなくても、夜間だけは歯がはえ揃った頃からはやめた方が良いのかもしれない。

虫歯が見つかった時は、かなりショックで、娘に「ごめんなぁ!」と思った。

Back to Contents Menu

虫歯を実際に治療したのは1年半後

2歳半過ぎに虫歯が見つかり、先生には歯みがきをしっかりして進行をとめて下さいと言われた。
一応、今まで歯みがきはしてきたのだけど、虫歯のところはもっとしっかり磨くようにした。

すぐに虫歯は進行していかない。
定期検診に通い、先生に見てもらっていた。
だけど、やっぱり、ちょっとずつ進んでいった。

4歳で治療することになった。
娘はそれまで泣かずにむしろ楽しみにするかのように歯医者に通っていたので、治療の時も泣かなかった。
歯が小さいのと虫歯も小さいので治療はすぐに終わった。

そこで思ったのが、今の歯医者は変わったなぁということ。
私の子供の頃は恐ろしい場所だった。
私も歯医者では泣かない子供だったが、歯医者のイメージは悪いし、いつも我慢していた。

娘に、「明日、歯医者行くよ」と言うと、喜んでいる。
歯医者も先生が子供に向かってきちんと何をするのか説明するし、おもちゃで遊べるようなコーナーを設けたり、帰りにふうせんや小さなおもちゃをくれたりするので、嫌なイメージはつきにくくなっているのだ。

歯医者さんが嫌なところではなく、定期検診をして歯の磨き方のアドバイスをもらい、綺麗な歯を保つところだという認識になっている。