- Menu -

Blog Category -生活-

伊坂幸太郎『太陽のシール』産むか、産まないか

伊坂幸太郎さんの小説は面白い。 好きな作家さんのひとりだ。 私が『太陽のシール』を含む連作短編小説集『終末のフール』を読んだのは、今から4年前の偶然にも出産後、読書を再開した記念すべき1冊目だった。 そして、大好きな本だ。

続きを読む

美容室での苦手な会話が楽しみに転じるとき

若い頃ほど美容室で美容師さんと話をするのが面倒だった。 ところが、今では全く逆に。 以前、美容室の長い滞在時間は楽しくなかった 私の場合、美容室の滞在時間が長くなったのは高校生から。 高校生の頃、パー...

続きを読む