- Menu -

ショップモール一括管理の比較と導入時に検討したこと

Home >> Blog >> Webサイト制作

Tag: ,

オンラインショッピングモール一括管理(在庫連携、受注管理、商品ページ作成一括管理)比較と導入時に検討したいこと

最初は楽天市場だけだったが、ヤフーストアの出店無料化を機に出店。さらにAmazonでも少量出店していたが、全商品を出店することにした。そうなると、在庫管理や受注管理が煩雑になり、個別で管理すると大変な部分が増えてくる。
そこで、どうしても導入したくなるのがモール一括管理システムだ。

オンラインショッピングモール一括管理の比較検討

ショッピングモールの一括管理システムでは、さすがに無料はない。
店舗数が増えると受注や在庫をひとつにまとめて管理したくなる。
受注も在庫も注文が増えると、大変な作業になるものだ。

「モール 一括 管理」で検索すれば、たくさん出てくる。
また、下記のページでも機能と比較して掲載されているので、参考になる。

RMSパートナー企業 対応機能一覧
Yahoo!JAPAN コマースパートナー

どこも似たような感じだけど、使ってみなければわからない。
大抵、お試し期間があるので、その間によく確かめることだと思うけど、結構いろんな作業があり、たくさん試している余裕はないと思うので、以下の点を確認して、料金とのバランスで決めたらいいと思う。

Back to Contents Menu

料金体制

大抵、受注件数、SKU数、商品コード数のいずれかで料金設定している。
受注管理のみ、在庫連携のみという個別にサービスしているものもあるし、受注・在庫・商品ページ作成が一括で管理できるものもある。

調べていて、安くて月額1万円程度で、3〜6万円ぐらいが多いと感じた。
お店の予算によってシステムと料金のバランスを検討しなければならない。

Back to Contents Menu

受注管理

受注管理でもどこまで細かく管理できるか。
受注が自動で取り込めるので受注管理ができるとうたっている割には、在庫連携のためだけの自動取り込みで受注管理としては足りないものもあると思う。

なお、今のところ、ヤフーの注文はどこのシステムでも自動で取り込めないはず。
なぜなら、ヤフーの自動送信される注文メールの内容には個人情報が全く記載されないからだ。
取り込むには、ヤフーストアからcsvをダウンロードして一括取り込みをするしかない。
必要であればそういった取り込みができるかどうかも確認が必要だ。

また、勘違いしやすいが、一括管理システム側で編集した受注内容をcsv等でモールにアップロードすることはできない(はず)。
一部の情報なら可能なものもあるだろうが、複雑なことは、楽天市場やヤフーストアではできないようになっている(はず)。(もし、間違っていたら教えて下さい。あと、システム導入検討の際に営業担当者にできるか尋ねた方がいいです。)

Back to Contents Menu

在庫連携

在庫連携とは、複数のショッピングモールの在庫を一括で管理するシステム。(中には実店舗の在庫も管理できるものがある)
例えば、楽天市場、ヤフーストア、独自ドメインで店舗を展開していていて、楽天市場で注文があったら、他のヤフーストア、独自ドメインの在庫も自動で減らしてくれる。

この仕組は、受注メールの取り込みによって、在庫連携システム側が在庫状況を把握し、他のお店にデータを自動で流して、どのショッピングモールの在庫も同じにしてくれるので、いちいち手動で調整しなくてよい。

とは言え、ものすごい勢いで注文が入る店舗だと、在庫のずれが多少生じてくる可能性はある。自動で在庫を各他のモールにアップロードしてくれるが反映には少しは時間がかかる。
でも、手動でいちいち変える手間暇よりよっぽどマシだろう。

なお、対応しているモールは各サービスによって違うので、そこも確かめておかなければならない。
特に独自ドメインだと、使っているカートシステムが対応していない場合も多い。
対応していたらいいが、対応していない場合は、独自ドメインのショップサイトをその一括管理システムに連携できるカートへ変更するなど検討が必要だ。

Back to Contents Menu

商品ページ作成

例えば、楽天市場の商品ページをヤフーやAmazonなどのモールに使いまわすことができる機能。
ある程度変換してくれているので、一から作るよりマシという感じ。
よほどシンプルなデータでなければ、修正は数カ所生じてくるものだと思う。

Back to Contents Menu

おすすめのモール一括システムはどこか

誰も答えられないだろう

多分、誰もはっきりと知らないし、答えられない(笑)
いろいろ調べまくったけど、どのサイトも同じようなことが書いてあるばかり。
機能の差はあると思うので、それは比較できるけど、使いやすさは実際やらないとわからないと思う。
全部試す時間も体力もない。使っている人に聞くしかないと思う。

日々システムは改善されているはず

普通、日々システムは改善されているし、当時は良かったが今では他のシステムの方が進化しているということも出てくると思う。

自分が実際に使っているシステムも最善であるかわからないので、とりあえず、最初に試したものをそのまま使い続けているという感じ。
使い続けている間にも改善が少しずつされているし、要望を言えばシステムを改善してくれることもある。
(他のシステムと比べ、おすすめできるのかどうかもわからないので、ここでレビューを書く予定はないです。でも同じような仕事をしている人とは意見交換したいですねぇ。お問い合わせフォームからご連絡下さい)

気に入っても導入出来ない金額ではね・・・

気に入ったシステムが見つかっても予算で導入できないようなシステムなら諦めるしかないものね。
予算とシステムのバランスが求められる。
売上がガーンと上がり、予算の上限が上がれば、また別のシステムに移行することを検討すれば良い。

疑問点は問い合わせる

とにかく、どんなことができるのかを調べ、疑問点は問い合わせる。
訪問してくれる営業もいる場合があるので、とことん話しを聞いてみると良い。
あと、いい事しか言わないかもしれないので、事前によくリサーチすれば後悔も少なくなるだろう。

体験版を利用する際の期間に注意

体験期間が大抵あるが、1ヶ月と思っていたら末日で締め切るパターンもあるので、そこも確認しておく。もし、そのパターンであれば、例えば20日に体験版を始めても10日間ぐらいで本契約しなければならなくなるので、注意が必要だ。

サポートは丁寧か、マニュアルはあるか

体験版利用中にはサポートに問い合わせたり、マニュアルの質をチェックしておく。
サポートが親切かどうか。マニュアルがあるかどうか。そこはとても肝心。

実は私が利用しているシステムでは、きちんとしたマニュアルがない!導入部分だけある感じ。
だから、サポートに何度も電話しなければならなかった。
しかし、こちらから要望すれば改善してくれやすい。
さらには、サポートは問い合わせれば原因などを確認してくれる。
ユーザーがサポートに問い合わせ、要望をどんどん言うことで育って行くのだろうという期待をもって使っている。
これが今後、要望に添えないことが増えたり、サポートがいい加減になってきたら、他のシステムに移行することを考えるだろう。

最初は、私もブツブツ文句を言いながら使っていたのだが、ある程度設定して運営し始めると、良いところが見えてきたりする。一括管理がなければ大変なことになってただろうなと思う。
まだまだこうしてほしい、ああしてほしい部分はたくさんあるけれど、サポートに電話して、自分が使いやすいように改善していってもらおうと思っている。