- Menu -

楽天データでYahoo!ショッピングへ移行!便利だった無料ツール3つ

Home >> Blog >> Webサイト制作

Tag: ,

楽天市場のcsvデータからYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)を構築!便利だった無料ツール3つ

Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)の出店料が無料になり、楽天市場だけ運営していたオンラインショップもYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)に出店を決めたお店は多数あるかと思う。

私もオンラインショップを運営する会社でお仕事をしていて、楽天市場に出店していたcsvデータを使って、昨年末~今年始め(2013年12月末~2014年1月)にYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)を構築して無事開店した。その時に実際に使用して便利だった無料ツールをご紹介。


【ご注意】

  • この記事投稿(2014年3月12日)以後に楽天市場、Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)のシステム、紹介しているシステムの変更等により同じ条件ではなくなる場合がございます。ちなみに、Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)のシステムは、2014年7月に「ストアクリエイターPro」に刷新されます。(ただし、ストアマネージャーだけなので、ページ作成するストアエディタには影響なし)
  • 私のやり方でやってきた方法なので、もしかしたら認識の違いやもっと楽な方法があるかも知れませんが、その場合、もしよろしければご連絡いただければ幸いです。

「すごい!商品データ移行byGMO」で商品データを作成

なぜ、こんな便利なツールが無料かというと、以下の通り。納得。
GMOコマースとYahoo! JAPANが「Yahoo!ショッピング」のストア数拡大を目的に提携

利用前の注意点

詳細は以下に書かれている。作業する前の疑問点の多くはここで解決されるだろう。
すごい!商品データ移行をご利用の前に
ご利用方法<チュートリアル>・よくある質問<FAQ>

推奨OSとブラウザ

推奨OSがWindows7となっているが、私はWindows8で試して大丈夫だった。
推奨ブラウザは、Microsoft Internet Explorer 8.0以降、Mozilla FireFox 最新版、Google Chrome 最新版となっている。私は、Google Chrome 最新版を使って問題なし。

OS、ブランザの設定環境によっては推奨のものでも不具合が出るかもしれないので、最初は数点のデータだけを試してみた方がいいと思う。

アカウントがあればFTP接続ですぐにできる

ヤフーのアカウントがあればすぐにできる。
Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)を運営する上で必要だから、これを利用する人は普通持っている。
最も簡単に行う場合は、楽天にFTP接続してネット上でダウンロードしてきてくれる。

画像もダウンロードしてくれて便利すぎ

画像も全部ダウンロードしてくれる。
ただし、501KB以上はヤフーショッピングにアップロード出来ないので、もちろん、このツールを使ってもアップロードされないので、もし、これ以上にサイズが大きい物があれば、修正しなければならない。
(一括変換には便利ツールがあるので後述します)

利用する際で注意したいこと

修正期間がある

アップロードした後、修正できる期間があるのでその間に修正しなければならない。
現在のところ、14日間内に作業を終えなければ削除されてしまう。

多分、すんなり全てのデータが完璧になるお店は少ないと思うので、もし、時間がかかると思ったら、FTP接続で一括でやるより、いったんcsvデータで分けてやった方がいいだろう。
私はcsvデータで分けてやる方法で数回に分けて変換した。

画像アップロードで時間がかかる場合がある

データと画像を同時に取得、またはデータだけ取得が選べる。

楽天csvデータと共に画像もダウンロードし、ヤフー用csvにデータ変換後、ヤフーに画像と共にアップロードできるところがとてもいいところだ。

ところが、画像の取得にはものすごく時間がかかる場合がある。変換ボタンを押すと「○時○分頃の予定です」と出るが、たいてい数十分程度である。しかし、一度数時間後だったので、定時内にダウンロード設定後帰宅し、翌日出勤して作業することがあった。利用者が多かったり、大量に処理している他店があったのかも知れない。

データだけ変換利用して、画像は別でヤフーにアップロードすることもできるが、便利さはかなりなくなると思うので、私は時間がかかってもデータも画像も同時にダウンロードして、ダウンロード中は別の仕事の時間に割り当てていた。

楽天csvを分割する際の注意

楽天csvを分割してアップロードする際、Excelで普通に開くとデータがエラーになる部分がある。
私の場合もそうだが、オプションの設定で、先頭に-(ハイフン)を入れる設定のため、数式で認識され「#NAME?」とエラーが出てしまう。
また商品コードの先頭に0をつけている場合も数値になって本当は「001」として読み込んでほしいのに「1」で読み込んでしまう。
Excelから読み込んだ際にエラーがでる部分は「文字列」でインポートする設定にしなければならない。
(Excelのバージョンによって読み込み方が少し違うので、また暇があれば後日書きたい)

楽天市場とYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)のオプションコード設定の違い

楽天市場とYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)のオプションの違いに注意しなければならない。
楽天市場で設定していないお店は、まずどんなコードで設定しているのか確認する。

例えば、楽天市場に下記のような商品があるとしよう。

商品コード:t01
サイズ:S・M・L
カラー:ブラック・ホワイト

私の場合、Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)のコードがわかりやすいように「‐(ハイフン)」を前につけてオプションコードを設定している。(説明に関係ないけど、10っていうのは在庫のこと)

サイズ/カラー ブラック(-black) ホワイト(-white)
S(-s) 10 10
M(-m) 10 10
L(-l) 10 10

(※楽天のRMSで設定をする際、ハイフン付で「-black」でコードを設定した場合、在庫画面では「- -black」というふうにハイフンが2つ続いた表示になる。オプションが空白の場合は「-」となっているはずだ。紛らわしい。)

この設定の上で、縦軸横軸のないリスト形式のYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)のコードはどうなるか。
楽天の「商品番号+横軸+縦軸」がコードになる。

ブラックのS t01-black-s
ブラックのM t01-black-m
ブラックのL t01-black-l
ホワイトのS t01-white-s
ホワイトのM t01-white-m
ホワイトのL t01-white-l

Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)では、オプションコードに半角英数字と-(ハイフン)のみ使えるので、私の場合、こういった設定をしている。
自分の店舗にあった設定をしてわかりやすくしたらいいだろう。

大きな画像はYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)に反映されない

楽天市場で取得した画像が501KB以上のものだと、ヤフーショッピングにアップしてもその画像は表示されない。
あらかじめ楽天市場の画像を500px以下にしておくか、ヤフーショッピングにアップした後ページを確認し、真っ白に表示されて抜けている画像を見付け、画像を入れていく。

ちなみに、私は後で修正している。
ほとんどの画像が501KB以上だと致命的だが、私の場合はそれほどではないので、見つけ次第、画像サイズを変換(便利ツールは後述します)してアップロードしている。もちろん、HTMLデータ部分も画像の名前と違う場合は書き換えなければならない。

作業途中でログアウトしてしまった

問題なし。データ保存期間の14日内であれば、途中でログアウトしても、また途中から作業ができる。
例えばデータの修正が途中でも翌日またログインして途中から作業できるし、FTPアップロードの時に時間が経過しすぎていったん強制的にログアウトさせられる場合もあるが、もう一度ログインしてやり直せば良い。

データの修正について

例えば商品名が長かったりすると途中で切れてしまうし、プロダクトカテゴリも設定した方がいい。他にもいろいろあるけれど、一部は一括で修正することもできる。以下の通り。

文字数オーバーしている項目の一括修正

私は、実用的でないと思ったので使わなかった。
文字オーバーの場合は、制限文字数内に切ってくれる。
楽天の商品名は大抵の人は、キーワードやキャッチコピー的な文言を入れてしまっていると思う。
ヤフーはそれはしてはいけない。キャッチコピーはキャッチコピーのところへ入れ、商品名はあくまでも商品名である必要がある。だから、私はこの文字数の一括処理は使わずに手動で最適な商品名に修正した。

HTMLタグの一括削除

利用した。
使ってはいけないHTMLを一括削除する機能だが、放置してアップロードすればテキストに変換されるはず。そうすれば商品説明にHTMLタグが一部表示させ意味不明な文章に。

使用できない単語の一括削除

利用した。
使用できない単語をわざわざ放置しておいても仕方がないと思うので。

Back to Contents Menu

画像一括変換ツール「リサイズ長簡単!Pro」

501KB以上であれば、画像サイズ一括変換ツールを利用すればいいだろう。
これは「すごい!商品データ移行」に含まれていないので、別のツールでやる必要がある。
私が使っているのは、以下のとおりなので、ご参考に。一度設定しておけば簡単だから使っている。(Windows )

リサイズ長簡単!Pro(フリーソフト)

他にもいろいろあるので自分に合うソフトを探すといいだろう。
無料でたくさんある。

Vector:グラフィック変換一覧

Back to Contents Menu

「Inline styler」でYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)用にインラインCSSに変換

店舗のヘッダー、サイド、フッター、トップ、オリジナルページ等では、Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)の場合インラインCSSで書かなければならない。

Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)のトリプル(有料)を使えば、HTMLと外部CSSでがっつり作ってメンテナンスもしやすいかもしれないが、トリプルをやらずに、インラインCSSでテンプレートを構築しなければならない場合に便利なのが、「Inline styler」。

Inline styler

楽天で設定したHTML、CSSを入れれば、一括でインラインCSSに変換してくれる。

あとは、URL類をエディタ等で置換して修正し、画像はYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)へアップロードすればいい。
なお、ヤフーの難点は文字数が決まっていること。
できるだけ、シンプルなHTMLとインラインCSSを心がけながら、デザインも気にしなくてはならない。

Back to Contents Menu

オンラインショッピングモール一括管理(在庫連携、受注管理、商品ページ作成一括管理)

オンラインショッピングモールを複数運営するようになると、在庫、受注、ページ作成の管理が煩雑になる。特に注文が増えだすと在庫の差異、受注のミスも増えるだろう。この際、モール一括管理系のシステムを絶対に検討しなければならなくなる。

オンラインショッピングモール一括管理(在庫連携、受注管理、商品ページ作成一括管理)導入時に検討」を別で書きましたので、ご興味のある方はどうぞご覧下さい。

Back to Contents Menu

最後に

便利なツールが無料で提供されているのはすごいなぁと思う。
特にYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)関係は無料で提供して、出店者にやさしい部分が多い。どんどんモール全体が活気づいてお客様が増えたらいいなぁと思う。

最初にも書きましたが、認識の間違い、もっと楽な方法などあるかもしれません。もし、よろしければご連絡いただけると幸いでございます。