- Menu -

【WordPress】『Contact Form 7』を便利にするプラグインやカスタマイズ

Home >> Blog >> Webサイト制作

Tag: ,,

【WordPress】お問い合わせフォーム『Contact Form 7』を便利にするプラグインやカスタマイズ・サイトのまとめ

WordPressでよく使われるプラグインお問い合わせフォーム『Contact Form 7』
設置時でいろいろ調べていた時、Evernoteにクリップしていたので、まとめておくことにする。
このお問い合わせフォーム『Contact Form 7』にはない機能を追加すると便利そうなプラグインやカスタマイズする上で非常に参考になったサイトである。
(※公式ページ以外の情報は、非公式なプラグインやカスタマイズもあるので、自己責任でお願いします)

お問い合わせフォーム『Contact Form 7』とは

シンプルな作りのお問い合わせフォームで有名である。
使い方、FAQ、カスタマイズについては、公式ページに詳しく書かれている。
カスタマイズなどやりたいことが見つかれば、公式サイト『Contact Form 7』を先に見て、なければ他のサイトを探す。

多くの人が同じようなカスタマイズをしたがるものだ。
公式ページにないカスタマイズがあるのであれば、以下のプラグインやサイトを参考にすると見つかるかもしれない。

Back to Contents Menu

『Contact Form 7』にない機能を追加するプラグイン

『Contact Form 7』ではいろいろ設定はできるのだが、こういう機能があればいいのになと実際に実装したことのあるプラグイン。

通し番号を追加するプラグイン『Contact Form 7 Increment Number』

Contact Form 7 Increment Number
お問い合わせフォームから送信された内容に、通し番号でお問い合わせ番号を付加できる。
簡易注文など、件名や本文に連番を入れると管理しやすくなる人もいるだろう。

管理画面でお問い合わせ内容をデータベース化するプラグイン『Contact Form DB』

Contact Form DB
インストール、有効化すると、WordPressのメニューに「Contact Form DB」ができる。お問い合わせフォームを複数設置しても、別々できちんとデータベース化してくれる。また、エクセル等に出力もできる。

Back to Contents Menu

『Contact Form 7』のカスタマイズで参考になったサイト

Contact Form 7
当たり前だけど、先に紹介した公式ページ。

Contact Form7 のよくあるカスタマイズ(川井昌彦さん)
このスライドショーを見たら、いろんなカスタマイズできるな!とざっとわかりやすく把握できる。
公式サイトの次に見てみると、参考になるのではないかと思う。

Contact Form 7で本文に日本語が含まれていない時は送信できないようにする方法 |アンギス
日本語のお問い合わせしか受け付けたくない方向け。

意外と知らない!?お問い合わせフォーム「Contact Form 7」をもっと便利に使いこなすための3つのポイント|BizVektor
確認用に必須項目のチェックボックスを追加するなど、ちょっとした工夫で確認画面はなくても効果が出るんだと気付かされる。

Back to Contents Menu

その他の情報

今後もこのページは追加する可能性があります。
本体やプラグインの使い方のサイトはたくさんあるので、調べたら出てきますが、新しい発想や目新しいプラグインがあれば、追加したいと思っています。
もし、これはすごいよ!おもしろいよ!というのがございましたら、お問い合わせフォームにてご連絡下さいませ。(自薦他薦問いません)