- Menu -

色鉛筆画+Photoshop加工の制作工程:ブラシ・フィルターで絵画風(『つけ睫毛をする猫』編)

Home >> Blog >> 趣味

Tag: ,,

色鉛筆画+Photoshop加工の制作工程(『つけ睫毛をする猫』編)

先日、『The Cat Wears False Eyelashes (つけ睫毛をする猫)』をアップした。

今まで、年賀状で使用した『Gorgon(蛇女ゴーゴン)』以外は、色鉛筆画単体で描いてきたが、今回の絵は色鉛筆画単体だと思っている表現が出来ないと思い、Photoshopを使うことを前提に描いた。

Photoshopでたいして凝ったことはしてないが、少し加えるだけで、雰囲気ががらりと変わる。

目標とする絵の雰囲気

西洋風の趣味の悪いドレスを着た猫が主人公。
主人公は色鉛筆で描き、周辺をPhotoshopで加工し、フィルターをかけて、最終的には古い絵画風にしたかった。

Back to Contents Menu

1.色鉛筆で主人公を描く

色鉛筆画の制作途中(『つけ睫毛をする猫』)

この絵は、かなり間隔をあけて完成させたため、何度も塗りなおしてしまった。
色鉛筆はすぐ色が取れてくるので、本当は一気に仕上げるべきなんだろう。

色鉛筆画完成(『つけ睫毛をする猫』)

色鉛筆画はこれで完成。
あちこち汚れている・・・どうしても描いているうちに汚れてしまう。

絵をスキャナで取り込み、Photoshopでの加工に移る。

Back to Contents Menu

2.Photoshop:メインの色鉛筆画の切り抜き

Photoshopによる切り抜き(『つけ睫毛をする猫』)

1.背景は濃いブラウンが基調になるので、レイヤーをひとつ塗りつぶす。
2.その上に色鉛筆画で描いた部分を切り抜いたレイヤーを置く。

Back to Contents Menu

3.Photoshop:背景の本棚やカーテンをブラシで描く

Photoshopパレットを作っておき、ブラシで本棚を描く(『つけ睫毛をする猫』)

コツは特にない。

1.
新しくレイヤーを追加して、使いたい色をパレットとして用意しておく。
丸にしてるが、四角でも、ブラシでさっと描いたものでも構わない。

2.
新しいレイヤーを追加して、油絵っぽく、ひたすら塗り込んでいく。
本棚の本は、一番上を描いた後、下にコピーした。ここがPhotoshopの便利なところ。
コピーした上からさらに他の色をブラシで塗り、棚ごとに全集が違うような感じにした。

カーテンもカーテン本体、窓、影を別レイヤーにしてブラシで描く。

Back to Contents Menu

4.Photoshop:手前の化粧水や香水瓶をブラシで描く

Photoshopパレットを作っておき、ブラシで化粧水や香水瓶を描く(『つけ睫毛をする猫』)

これは3と同じ。
レイヤーの置き場所を猫のレイヤーより上に置くだけ。

5.Photoshop:塗り込めたグレーのレイヤーにフィルター「ファイバー」をかける

Photoshop新しいレイヤーにグレーを塗り、フィルターのファイバーをかける(『つけ睫毛をする猫』)

一番上にレイヤーを追加し、グレーに塗り、「フィルター」⇒「描画」⇒「ファイバー」をかける。
グレーにしたが、他の色にするとまた雰囲気が変わる。
ファイバーの量は理想となるまで調整する。
(この画像は後で作ったので実際に絵に適用したものではない)

Back to Contents Menu

6.Photoshop:さらに「クレヨンのコンテ画」をかける

Photoshopフィルターのクレヨンのコンテ画をかける(『つけ睫毛をする猫』)

5のレイヤーにさらに『スケッチ』⇒『クレヨンのコンテ画』をかける。
これも理想となる量を調整する。
(この画像は後で作ったので実際に絵に適用したものではない)

Photoshopフィルターをかけたレイヤーの出来上がり(『つけ睫毛をする猫』)

適用されたレイヤーの完成。
(この画像は後で作ったので実際に絵に適用したものではない)

Back to Contents Menu

7.Photoshop:「焼き込みカラー」と塗りの調整

Photoshopフィルターをかけたレイヤーに焼き込みカラーと塗りを薄めにして適用(『つけ睫毛をする猫』)

6で完成したレイヤーに、「焼き込みカラー」と塗りを調整する。
塗りは理想となるところまで薄めていく。

Back to Contents Menu

8.Photoshop:消しゴムツールで調整

Photoshop消しゴムツールで調整(『つけ睫毛をする猫』)

7のレイヤーで猫の目の部分(矢印の部分)等、はっきりさせたかったので、消しゴムツール(ぼかして)で消した。
実は、7の画像はすでに消した後なので、比較できないが、消す前の画像ではもっとフィルターの影響で目が黒っぽく塗りつぶされている箇所が多かった。
この絵は、目元にポイントが必要であるし、主人公の目でもあるため、色鉛筆画で描いたままを出したかったので、フィルターの影響をなくすために、消しゴムツールを使った。

Back to Contents Menu

9.完成

最後に不要なパレットのレイヤーは非表示にするか削除してJPG等で保存する。

完成は、『The Cat Wears False Eyelashes (つけ睫毛をする猫)

Back to Contents Menu

感想

Photoshopはあまりにも便利で、絵を劇的に変えてくれる。
それがいいのか、悪いのかわからないけれど(中にはアナログとデジタルの混合は邪道と考える人もいるだろう)、私は面白いなと思う。

その絵の目標に応じて、単体でいくのか、混合させるのか、または、もっと他のツールを使うのか、考えていきたい。

なお、私のPhotoshopの使い方は自己流で、誰かに教えてもらったことがないので、おかしい点が多々あるかも知れない。
また、長いこと使ってきたわりには、いろいろ使いこなせてない。
同じツールばかり使ってそれで解決していると思う。

プロの人はどうやっているのか知らない。
このフィルターとこのフィルターをかけて調整すれば、こういうフィルターが完成すると頭の中に全部入っているのだろうか。

私は長いことPhotoshopを使ってきているので、ある程度の予測はする。
だけど、いつまでたっても即座に理想のフィルターを作ることはできない。
いつもいろいろフィルターを適用して、自分の理想とするものが作り出せるまで、試行錯誤している。

そんな感じだが、今後も絵を描いたら、その工程をブログに記録していきたい。
全ての絵は一生懸命作ったものであり、私にとって愛着のあるものだから。