- Menu -

結婚が幸せか不幸せかは、君自身が決めているのだ

Home >> Blog >> 生活

Tag:

結婚が幸せか不幸せかは、君自身が決めているのだ

「結婚して幸せになる」「結婚なんて不幸の始まりだ」
結婚したこともないのに、決めつける人がいる。

わかる。
そう決めつけたいのは、わかる。
私もそうだったもの。

20代前半の頃、結婚に夢見なかった

私は20代前半の頃、「結婚なんて不幸の始まり!馬鹿がすること!」と、すごくえらそうにそう思っていた。
えらそうと言うか、もう怒りに近い感じでそう思っていた。

なぜ、そんなふうに思っていたのか?

会社で夫婦生活がうまくいってない人ばかり見ていたからだ。
よそで女を作り、仮面夫婦だと思っていた。

やっぱり、結婚なんてするもんじゃないな!愚行だ!と思っていた。

でも、本当は根底にある理由はそんなんじゃない

年賀状で子供が独立した夫婦が毎年どこかに行った時の写真を貼り付けて送ってきていた。
かわいい奥さんがいて、子供ができた男性もいた。

普通に大きな問題もなく、夫婦っていいもんだなと思えるような夫婦だって見ていたのに、なぜ、「うまくいってない人ばかり見ている」のか?

それは自分の内面にあったのだろう。

自分は結婚できないだろうという決めつけが根底にあったのではないか。

自分に結婚相手が見つかりそうにない。
ひとりの方が気楽だ。
どうせ結婚したとしても浮気される。

「私、結婚したくない主義だから」と構えて、防衛していたのではないか。

ある楽しそうな夫婦を見ると変わった

20代前半までは、標準的な結婚生活を送っている人が周りにもいたにもかかわらず、「うまくいってない人ばかり見ている」状態だった。

しかし、ある職場になってから、変わってしまった。

ある女子事務員の方は中学生のころからつきあっている同級生と結婚し、数年経過していた。

私は彼女が非常に羨ましく思えた。
彼女から夫の悪口や愚痴を軽い冗談で少しは聞いたことはあるかもしれないが、眉をひそめるようなことは聞いたことがなく、楽しい話ばかり聞いたのだ。

ずっと仲良く過ごしてきたんだなぁと思った。
そして、今もお子さんが3人で仲良く暮らしていらっしゃる。

今まで仲の良い夫婦はいたはずなのに、なぜか、その事務員の方の夫婦生活が際立って理想的で幸せそうに思えた。

その頃から私の意識ががらりと変わった。
私は何に固執していたんだろうか。
結婚は不幸せの始まりであると決めつける決定的な理由は私には何もないではないかと。
全ては不確かなのだ。

結婚してみて、いろんなことがある。
喜怒哀楽、全部詰まっている。

これからも何が起こるかわからない。

でも、結婚が不幸せで愚行であるとは思わなくなった。

結婚について一言では説明できない。
その人たちによって、異なる結婚生活、家族が出来上がっていくのだ。

とても深い理由がある場合

結婚しないと言い張る人には、いろんな理由がある。
私のような単純な理由ではない人たちはいる。

例えば、自分の両親が原因で、自分は愛されず、愛し方がわからないとか深刻な場合もある。
子供を持つか持たないかも、そういう愛し方がわからないという場合があるようだ。

人にはいろんな理由を持って主張している。

少しでも結婚して家族を持ちたいと思うようであれば、何が原因か追及してみるといいと思う。
自分が実は原因だと思っていた気持ちは、本当の原因じゃないのかもしれない。
人によってはカウンセリングを受けたり、過去の自分と向き合わなければならないかもしれないから、辛いかもしれない。

でも、家族を持ちたいと少しでも思っているのであれば、解決した方がいいんじゃないかなぁと思う。